宅建士試験過去問 宅地建物取引業法 広告に関する規制 1-30 平成17年 / 宅建はライトノベル小説で勉強しよう

宅地建物取引業者Aが行う広告に関する次の記述のうち、宅地建物取引業法の規定によれば、正しいものはどれか。

1、Aは、宅地又は建物の売買、交換又は賃貸に関する広告をするときは、取引態様の別を明示しなければならないが、取引の相手方に対し、取引態様の別が明らかである場合は、明示する必要はない。
2、Aは、宅地造成工事規制区域内における宅地造成工事の許可が必要とされる場合において、当該宅地の売買に関する広告は、宅地造成等規制法第12条に規定する宅地造成工事の完了検査を受けた後でなければしてはならない。
3、Aは、建物の売買の広告に当たり、当該建物の形質について、実際のものよりも著しく善良であると人に誤認させる表示をした。当該建物に関する注文はなく、取引が成立しなかった場合であっても、Aは、監督処分及び罰則の対象となる。
4、Aは、建物の賃貸の媒介に当たり、依頼者の依頼に基づいて広告をした。Aは、報酬とは別に依頼者に対し、その広告料金を請求することはできない。

愛「これも簡単すぎるぞ。答えはどれだ?」
建太郎「ああ。簡単だな」

“宅建士試験過去問 宅地建物取引業法 広告に関する規制 1-30 平成17年 / 宅建はライトノベル小説で勉強しよう” の続きを読む

宅建士試験過去問 宅地建物取引業法 広告に関する規制 1-29 平成14年 / 宅建はライトノベル小説で勉強しよう

宅地建物取引業者Aが行う広告に関する次の記述のうち、宅地建物取引業法の規定によれば、正しいものはどれか。

1、Aが宅地又は建物の売買に関する広告をする場合、自己所有の物件で自ら、契約の当事者となる場合においては、取引態様の別を記載する必要はない。
2、Aが県知事からその業務の全部の停止を命ぜられた期間中であっても、当該停止処分が行われる前に印刷した広告の配布活動のみは認められている。
3、Aは、土地付き建物の売買に係る広告に際し、建築基準法第6条第1項の建築確認の申請中であれば、「建築確認申請中のため、建築確認を受けるまでは、売買契約ができません」と表示すれば、広告をすることができる。
4、Aは、その業務に関する広告について、著しく事実に相違する表示を行った場合、取引の成立に至らなくても、懲役または罰金に処せられることがある。

愛「次に、広告に関する規制だ。簡単すぎる問題だな。即答しろ!」
建太郎「お、おう……」

“宅建士試験過去問 宅地建物取引業法 広告に関する規制 1-29 平成14年 / 宅建はライトノベル小説で勉強しよう” の続きを読む

宅建士試験過去問 宅地建物取引業法 保証協会 1-28 平成15年 / 宅建はライトノベル小説で勉強しよう

宅地建物取引業保証協会に加入している宅地建物取引業者Aに関する次の記述のうち、宅地建物取引業の規定によれば正しいものはどれか。

1、Aは、自己所有の宅地を宅地建物取引業者Bに売却する場合、売買契約が成立するまでの間に、Aが保証協会の社員である旨の説明は行わなくてもよい。
2、Aと宅地建物取引業に関し取引をした者が、その取引により生じた債権に関し、弁済業務保証金について、弁済を受ける権利を実行するときは、保証協会の認証を受けるとともに、必ず、保証協会に対して、還付請求をしなければならない。
3、Aが、支店を廃止し、Aの弁済業務保証金分担金の額が政令で定める額を超えることとなった場合で、保証協会が弁済業務保証金分担金をAに返還するときは、弁済業務保証金に係る還付請求権者に対し、一定期間内に認証を受けるため、申し出るべき旨を公告する必要はない。
4、Aは、保証協会の社員の地位を失ったときは、当該地位を失った日から二週間以内に、営業保証金を本店の最寄りの供託所に供託しなければならない。

愛「これも簡単だ。即答しろ!」
建太郎「お、おう……」

“宅建士試験過去問 宅地建物取引業法 保証協会 1-28 平成15年 / 宅建はライトノベル小説で勉強しよう” の続きを読む

宅建士試験過去問 宅地建物取引業法 保証協会 1-27 平成13年 / 宅建はライトノベル小説で勉強しよう

宅地建物取引業者Aが宅地建物取引業協会に加入した場合に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

1、Aについて、弁済業務保証金が還付された場合で、Aがその還付された分に充当されるべき金額を保証協会の通知を受けた日から二週間以内に納付しないときは、保証協会の社員としての地位を失う。
2、Aは、保証協会に加入した時は、その加入の日から二週間以内に弁済業務保証金分担金を保証協会に納付しなければならない。
3、弁済業務保証金について、弁済を受けることのできる権利を有する者には、Aがチラシの制作を依頼し、代金が未払いである広告代理店も含まれる。
4、弁済業務保証金について、弁済を受ける権利を有する者には、Aが保証協会の社員となる前にAと宅地建物の取引をした者は含まれない。

愛「これも簡単すぎる問題だ。即答しろ」
建太郎「おう」

“宅建士試験過去問 宅地建物取引業法 保証協会 1-27 平成13年 / 宅建はライトノベル小説で勉強しよう” の続きを読む

宅建士試験過去問 宅地建物取引業法 保証協会 1-26 平成17年 / 宅建はライトノベル小説で勉強しよう

宅地建物取引業者Aが宅地建物取引業保証協会に加入した場合に関する次の記述のうち、宅建業法の規定によれば、正しいものはどれか。

1、Aが保証協会に加入する前に、Aと宅地建物取引業に関し取引をした者は、弁済業務保証金から弁済を受けることができない。
2、Aは、保証協会に加入した後に新たに事務所を開設した時は、その日から二週間以内に、営業保証金500万円をもよりの供託所に供託しなければならない。
3、Aがその一部の事務所を廃止したため、保証協会が弁済業務保証金分担金をAに返還しようとする場合は、保証協会は、弁済業務保証金の還付請求権者に対し、一定期間内に認証を受けるため、申し出るべき旨の公告を行う必要はない。
4、Aが、保証協会から弁済業務保証金の還付に係る還付充当金を納付すべき旨の通知を受けた日から2週間以内に通知された額の還付充当金を保証協会に納付しない場合、保証協会は、納付すべき旨を催告しなければならず、催告が到達した日から1か月以内にAが納付しないときは、Aは社員としての地位を失う。

愛「これも簡単だ。即答しろ!」
建太郎「おう」

“宅建士試験過去問 宅地建物取引業法 保証協会 1-26 平成17年 / 宅建はライトノベル小説で勉強しよう” の続きを読む

宅建士試験過去問 宅地建物取引業法 営業保証金 1-25 平成14年 / 宅建はライトノベル小説で勉強しよう

Aは、宅地の売買契約の解除に伴い、売主である宅地建物取引業者B(国土交通大臣免許)に対して、手付金の返還請求権を有し、媒介業者C(甲県知事免許)に対しては、媒介報酬の返還請求権を有する。しかし、B、Cは、いずれも要求に応じない。Bは、営業保証金を供託所に供託しており、Cは宅地建物取引業保証協会に加入していた。この場合、宅地建物取引業法の規定によれば、次の記述のうち、誤っているものはどれか。

1、Aは、その権利を実行するため、Bに関しては、営業保証金の還付を、Cに関しては、返済業務保証金の還付を同時に供託所に申し立てることができる。
2、Aは、営業保証金について、Bに関する権利を実行する場合は、債権額、債権発生の原因たる事実を記載した一定の書式による書面の提出が必要である。
3、Aは、弁済業務保証金について、Cに関する権利を実行する場合は、宅地建物取引業保証協会の認証を受けなければならない。
4、Aの権利実行により、還付が為された場合は、Bは国土交通大臣から通知を受けてから、Cは甲県知事から通知を受けてから、それぞれ二週間以内に、不足額を供託しなければならない。

愛「これは何の問題かわかるな?」
建太郎「営業保証金と弁済業務保証金の違いを確認する問題だな」
愛「そうだ。即答しろ」

“宅建士試験過去問 宅地建物取引業法 営業保証金 1-25 平成14年 / 宅建はライトノベル小説で勉強しよう” の続きを読む

宅建士試験過去問 宅地建物取引業法 営業保証金 1-24 平成17年 / 宅建はライトノベル小説で勉強しよう

宅地建物取引業者A(甲県知事免許)の営業保証金に関する次の記述のうち、宅地建物取引業法の規定によれば正しいものはどれか。

1、Aは、甲県の区域内に二つの支店を設けて宅地建物取引業を営もうとする場合、額面金額1000万円の地方債証券を供託して営業保証金に充てれば足りる。
2、家主Bは、居住用建物の賃貸の管理委託契約をAと締結していたが、Aが借主から収受した家賃を約束期日が過ぎてもBに支払わなかった。この場合、Bは、Aが供託した営業保証金からその債権の弁済を受ける権利を有する。
3、印刷業者Cは、Aが行う宅地建物の売買に関する広告の印刷依頼を受け、印刷物を作成し、納品したが、AがCに対しその代金を支払わなかった。この場合、CはAが供託した営業保証金からその債権の弁済を受ける権利を有する。
4、Aは、買主Dに対し土地付き建物の売買契約を締結する前に、営業保証金を供託した主たる事務所のもよりの供託所及びその所在地について、説明するようにしなければならない。

愛「これも簡単だ。即答しろ!」
建太郎「おう」

“宅建士試験過去問 宅地建物取引業法 営業保証金 1-24 平成17年 / 宅建はライトノベル小説で勉強しよう” の続きを読む

宅建士試験過去問 宅地建物取引業法 営業保証金 1-23 平成16年 / 宅建はライトノベル小説で勉強しよう

宅地建物取引業者A(甲県知事免許)が本店と二つの支店を有する場合、Aの営業保証金に関する次の記述のうち、宅地建物取引業法の規定によれば正しいものはどれか。

1、Aは、新たに二つの支店を設置し、同時に一つの支店を廃止した時は、500万円の営業保証金を最寄りの供託所に供託し、業務を開始した後、遅滞なく、その旨を甲県知事に届け出なければならない。
2、Aが二つの支店を廃止し、その旨の届出をしたときは、営業保証金の額が政令で定める額を超えることとなるので、その超過額1000万円について、公告をせずに直ちに、取り戻すことができる。
3、Aが、営業保証金を取り戻すために公告した時は、2週間以内にその旨を甲県知事に届け出なければならず、所定の期間内に債権の申出がなければ、その旨の証明書の交付を甲県知事に請求できる。
4、Aは、営業保証金の還付が為され、甲県知事から政令で定める額に不足が生じた旨の通知を受け、その不足額を供託した時は、二週間以内に甲県知事に届出なければならない。

愛「これも簡単だ!引っかかるなよ」
建太郎「おう」

“宅建士試験過去問 宅地建物取引業法 営業保証金 1-23 平成16年 / 宅建はライトノベル小説で勉強しよう” の続きを読む

宅建士試験過去問 宅地建物取引業法 営業保証金 1-22 平成12年 / 宅建はライトノベル小説で勉強しよう

宅地建物取引業者A(甲県知事免許)の営業保証金に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

1、Aは、甲県知事の免許を受けた日から、一月以内に政令で定める額の営業保証金を主たる事務所の最寄りの供託所に供託し、かつ、その旨を甲県知事に届け出なければ、事業を開始することができない。
2、Aは、事業の開始後、新たに事務所を設置した時は、二週間以内に、政令で定める額の営業保証金を主たる事務所の最寄りの供託所に供託し、かつ、その旨を甲県知事に届け出なければならない。
3、Aは、宅地又は建物の売買契約を締結しようとするときは、当該契約が成立するまでの間に、相手方に対して、営業保証金を供託した供託所及びその所在地並びに供託金の額について、説明しなければならない。
4、Aが、営業保証金を金銭のみにて供託している場合、免許換えにより、主たる事務所の最寄りの供託所が変更したとき、Aは、遅滞なく、変更前の供託所に対し、変更後の供託所への保管替えを請求しなければならない。

建太郎「むむっ……。どれも正しいように見えるんだが」
愛「条文を読んでいれば、すぐに間違いに気づくだろうが!」

“宅建士試験過去問 宅地建物取引業法 営業保証金 1-22 平成12年 / 宅建はライトノベル小説で勉強しよう” の続きを読む

宅建士試験過去問 宅地建物取引業法 営業保証金 1-21 平成15年 / 宅建はライトノベル小説で勉強しよう

宅地建物取引業者A(甲県知事免許)に関する次の記述のうち、宅地建物取引業法の規定に違反しないものはどれか。なお、本店と支店とでは最寄りの供託所を異にする。

1、Aは、一棟50戸のマンションの分譲を行う案内所を甲県内に設置し、その旨を甲県知事に届け出た後、営業保証金を追加して、供託せずに、当該案内所において、分譲を開始した。
2、Aは、甲県内に一つの支店を新設したので、一週間以内に営業保証金として500万円を当該支店の最寄りの供託所に供託した。
3、Aは、甲県内に二つの支店を新設し、本店の最寄りの供託所に1000万円を供託し、営業を開始した後、営業保証金を供託した旨を甲県知事に届け出た。
4、Aは、支店を廃止したため、Aの営業保証金について、Aとの宅地建物取引業に関する取引により生じた債権を有する者は三か月以内に申し出るべき旨の公告をしたが、申出がなかったので、営業保証金を取り戻した。

愛「これも条文を読んでいるかどうかだけの問題だ。即答しろ!」
建太郎「ちょっと待て……。細かい問題じゃないか。ええっと……」

“宅建士試験過去問 宅地建物取引業法 営業保証金 1-21 平成15年 / 宅建はライトノベル小説で勉強しよう” の続きを読む