宅建士試験過去問 法令上の制限 国土利用計画法 1-5 平成16年 / 宅建はライトノベル小説で勉強しよう

国土利用計画法第23条の届出(以下、この問において「事後届出」と言う)及び同法第27条の7の届出(以下この問において事前届出という)に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

1、監視区域内の市街化調整区域に所在する面積6000平方メートルの一団の土地について、所有者Aが当該土地を分割し、4000平方メートルをBに、2000平方メートルをCに売却する契約をBCと締結した場合、当該土地の売買契約について、ABCは事前届出をする必要はない。
2、事後届出においては、土地の所有権移転後における土地利用目的について届け出ることとされているが、土地の売買価格については、届け出る必要はない。
3、Dが所有する都市計画法第5条の2に規定する準都市計画区域に所在する面積7000平方メートルの土地について、Eに売却する契約を締結した場合、Eは事後届出をする必要がある。
4、Fが所有する市街化区域内に所在する面積4500平方メートルの甲地をGが所有する市街化調整区域内に所在する面積5500平方メートルの乙地を金銭の授受を伴わずに交換する契約を締結した場合、FG共に事後届出をする必要がある。

美里「これも条文そのままの出題だから簡単だよね」
建太郎「全然簡単じゃねえ!問題文からして意味不明だし。第27条の7の届出ってなんだ?」
美里「ちょっと!第27条の7の届出って言われて何のことか分からないなんて、勉強不足だよ!」

“宅建士試験過去問 法令上の制限 国土利用計画法 1-5 平成16年 / 宅建はライトノベル小説で勉強しよう” の続きを読む

宅建士試験過去問 法令上の制限 国土利用計画法 1-4 平成15年 / 宅建はライトノベル小説で勉強しよう

国土利用計画法第23条の届出(以下、この問において「事後届出」という。)に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

1、Aが所有する都市計画区域に所在する面積6000平方メートルの土地をBに売却する契約をAとBの売買契約の代理人であるCが締結した場合、CはC名義により、事後届出を行う必要がある。
2、Dが所有する市街化調整区域に所在する面積4000平方メートルの農地をEに売却する契約を農地法第5条の許可を停止条件としてDとEが締結した場合、Eは事後届出を行う必要がある。
3、Fが所有する市街化区域に所在する面積5000平方メートルの一団の土地を分割して、1500平方メートルをGに、3500平方メートルをHに売却する契約をそれぞれG、Hと締結した場合、Gは事後届出を行う必要はないが、Hは事後届出を行う必要がある。
4、甲市が所有する市街化区域に所在する面積3000平方メートルの土地をIに売却する契約を甲市とIが締結した場合、Iは、事後届出を行う必要がある。

美里「これも簡単な問題だよね」
建太郎「むむっ……。厄介な選択肢が含まれているじゃんか」
美里「全然厄介じゃないよ。この程度の問題、十秒で解けなければ、勉強不足だよ!」
建太郎「まじか!」

“宅建士試験過去問 法令上の制限 国土利用計画法 1-4 平成15年 / 宅建はライトノベル小説で勉強しよう” の続きを読む

宅建士試験過去問 法令上の制限 国土利用計画法 1-3 平成17年 / 宅建はライトノベル小説で勉強しよう

国土利用計画法第23条の届出(以下この問において「事後届出」という。)に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

1、Aが、市街化区域において、Bの所有する面積3000平方メートルの土地を一定の計画に基づき、1500平方メートルずつ順次購入した場合、Aは事後届出を行う必要はない。
2、Cは、市街化調整区域において、Dの所有する面積8000平方メートルの土地を民事調停法に基づく、調停により取得し、その後当該土地をEに売却したが、この場合、CとEはいずれも事後届出を行う必要はない。
3、甲県が所有する都市計画区域外に所在する面積12000平方メートルの土地について、10000平方メートルをFに、2000平方メートルをGに売却する契約を甲県がそれぞれ、F、Gと締結した場合、F、Gはいずれも事後届出を行う必要はない。
4、事後届出に係る土地の利用目的について、乙県知事から勧告を受けたHが勧告に従わなかった場合、乙県知事は、当該届出に係る土地売買の契約を無効にすることができる。

美里「これも事後届出に関する問題だよ。結構細かく、聞いている問題だけど、結局、基本を押さえていれば、簡単に分かるよね」
建太郎「うーん。そうか?ちょっと難しくないか?」
美里「こんな問題が難しいなんて、勉強不足だよ!」

“宅建士試験過去問 法令上の制限 国土利用計画法 1-3 平成17年 / 宅建はライトノベル小説で勉強しよう” の続きを読む

宅建士試験過去問 法令上の制限 国土利用計画法 1-2 平成11年 / 宅建はライトノベル小説で勉強しよう

国土利用計画法第23条の届出(以下この問において事後届出という)に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

1、土地売買等の契約を締結した場合には、当事者双方は、その契約を締結した日から二週間以内に事後届出を行わなければならない。
2、一団の造成宅地を数期に分けて不特定多数の者に分譲する場合において、それぞれの分譲面積は、事後届出の対象面積に達しないが、その合計面積が事後届出の対象面積に達する時は、事後届出が必要である。
3、事後届出においては、土地に関する権利の移転等の対価の額を届出書に記載しなければならないが、当該対価の額が土地に関する権利の相当な価額に照らし著しく適正を欠く時でも、そのことをもって勧告されることはない。
4、事後届出に係る土地の利用目的について、勧告を受けた場合において、その勧告を受けた者がその勧告に従わなかったときは、その旨及びその勧告の内容を公表されるとともに、罰金に処せられることがある。

美里「これは基本的な問題だよ。細かいことを覚えていなくても、答えを見つけられるよ。もちろん、建太郎も分かるよね?」
建太郎「うん。こういう問題ばかりだったら、楽なんだけどなあ。細かく聞いてくる問題は本当に勘弁してほしい」

“宅建士試験過去問 法令上の制限 国土利用計画法 1-2 平成11年 / 宅建はライトノベル小説で勉強しよう” の続きを読む

宅建士試験過去問 法令上の制限 国土利用計画法 1-1 平成13年 / 宅建はライトノベル小説で勉強しよう

天草美里「建太郎!今日から、法令上の制限の過去問に入るからね。胡桃先生に建太郎の面倒を見てやってと頼まれたから、仕方ないから、小説の中から出てきてあげたわよ」
宅本建太郎「なんで、美里が来るんだ?」
美里「なんでって、法令上の制限は、胡桃先生よりも私の方が詳しいからに決まっているじゃん。だって私は、建築小町だもん」
建太郎「そうだったな。宅本・オーガナイゼーションの取引先である安土建設の現場監督なんだよな。ビルの建設現場で美里と出会ったときは、職場体験に来ている中学生の女の子と見間違えたんだよな。ツインテールの髪型だし、小っちゃくて、作業着がぶかぶかだし……」
美里「んっ?なんか言った?」
建太郎「美里は可愛いねと言ったんだ」
美里「ふーん。だったら、頭を撫でさせてあげないこともないんだからね」
建太郎「なでなで」
美里「ストップ!私の頭を撫でるのは、法令上の制限の過去問を全問正解してからだよ!」

国土利用計画法に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

1、監視区域内において、一定規模以上の面積の土地売買等の契約を締結した場合は、契約締結後、二週間以内に届出をしなければならない。
2、市町村長は、当該市町村の区域のうち、国土交通大臣が定める基準に該当し、地価の上昇によって、適正かつ合理的な土地利用の確保に支障が生じる恐れがあると認められる区域を期間を定めて、注視区域として指定することができる。
3、監視区域内において国土利用計画法の規定に違反して必要な届出をせず、土地売買等の契約を締結した場合は、6か月以下の懲役又は100万円以下の罰金に処せられる。
4、注視区域内においては、都道府県の規則で定める面積以上の土地売買等の契約を締結する場合に届け出が必要である。

建太郎「うわっ……。細かく問われるんだな。条文を暗記していないと解けないじゃん」
美里「そうだよ。法令上の制限は、理解することはもちろん大切だけど、最終的には、条文を暗記していない解けないよ。しっかり暗記してよね」

“宅建士試験過去問 法令上の制限 国土利用計画法 1-1 平成13年 / 宅建はライトノベル小説で勉強しよう” の続きを読む