宅建士試験過去問 宅地建物取引業法 重要事項の説明 1-42 平成15年 / 宅建はライトノベル小説で勉強しよう

宅地建物取引業者Aが宅地建物取引業法第35条の規定に基づき、重要事項の説明を行う場合に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

1、対象物件が建物の区分所有に関する法律第2条1項に規定する区分所有権の目的である場合、Aは、同条4項に規定する共用部分に関する規約の定めがあるときはその内容を説明する必要があるが、当該規約が未だ案であるときは、その内容を説明する必要はない。
2、売買契約の対象となる宅地が建築基準法に基づき、地方公共団体が条例で制定した災害危険区域内にある場合、Aは、条例で定められている制限に関する事項の概要を説明しなければならない。
3、賃貸借契約の対象となる建物について、高齢者の居住の安定確保に関する法律第56条で定める終身建物賃貸借の媒介をしようとする場合、Aはその旨を説明しなければならない。
4、売買契約の対象となる宅地が、土壌汚染対策法で規定する指定区域内にある場合、Aは当該宅地の形質の変更を行おうとするときは、原則として、都道府県知事への届出が必要である旨説明しなければならない。

愛「これも簡単だ。即答しろ!」
建太郎「おう」

“宅建士試験過去問 宅地建物取引業法 重要事項の説明 1-42 平成15年 / 宅建はライトノベル小説で勉強しよう” の続きを読む

宅建士試験過去問 宅地建物取引業法 重要事項の説明 1-41 平成17年 / 宅建はライトノベル小説で勉強しよう

宅地建物取引業者が行う宅地建物取引業法第35条に規定する重要事項の説明に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

1、宅地の売買の媒介において、当該宅地に係る移転登記の申請の予定時期については、説明しなくてよい。
2、宅地の売買の媒介において、当該宅地が造成に関する工事の完了前のものであるときは、その完了時における形状、構造、並びに宅地に接する道路の構造及び幅員を説明しなければならない。
3、宅地の売買の媒介において、天災その他不可抗力による損害の負担を定めようとする場合は、その内容を説明しなければならない。
4、宅地の賃貸の媒介において、借地借家法第22条で定める定期借地権を設定しようとするときは、その旨を説明しなければならない。

愛「これも、35条の条文を暗記しているかどうかだけの問題だ。即答しろ」
建太郎「お、おう……」

“宅建士試験過去問 宅地建物取引業法 重要事項の説明 1-41 平成17年 / 宅建はライトノベル小説で勉強しよう” の続きを読む

宅建士試験過去問 宅地建物取引業法 重要事項の説明 1-40 平成14年 / 宅建はライトノベル小説で勉強しよう

宅地建物取引業者Aが行う宅地建物取引業法第35条の重要事項説明に関する次の記述のうち、同条の規定に違反しないものはどれか。

1、Aは、建物(建築工事完了前)の売買の契約を行うに際し、建物の完成時における主要構成部、内装及び外装の構造又は仕上げ並びに設備の設置及び構造について図面を渡したのみで、当該図面の説明をしなかった。
2、Aは、マンションの分譲を行うに際し、当該マンションの管理規約案に「分譲業者であるAは、当該マンションの未販売住戸の修繕積立金を負担しなくてよい」とする規定があったが、これについて説明しなかった。
3、Aは、中古マンションの売買の媒介を行うに際し、当該マンション修繕の実施状況について、当該マンション管理組合及び管理業者に確認したところ、修繕の実施状況の記録が保存されていなかったため、購入者にこの旨、説明し、実施状況については説明しなかった。
4、Aは、建物の売買の契約を行うに際し、当該建物は住宅の品質確保の促進等に関する法律の住宅性能評価を受けた新築住宅であったが、その旨の説明をしなかった。

愛「次は重説の問題だ。宅建試験の山の一つだが、簡単な問題だぞ」
建太郎「えっ……。そうか?」

“宅建士試験過去問 宅地建物取引業法 重要事項の説明 1-40 平成14年 / 宅建はライトノベル小説で勉強しよう” の続きを読む

宅建士試験過去問 宅地建物取引業法 媒介契約 1-39 平成16年 / 宅建はライトノベル小説で勉強しよう

宅地建物取引業者Aが、B所有の宅地の売却の媒介依頼を受け、Bと専任媒介契約を締結した場合に関する次の記述のうち、宅地建物取引業法の規定によれば正しいものはどれか。

1、AがBに交付した媒介契約書が国土交通大臣の定めた標準媒介契約約款に基づかない書面である場合、その旨の表示をしなければ、Aは業務停止処分を受けることがある。
2、媒介契約の有効期間の満了に際し、BからAに更新の申出があった場合、Aは、更新を拒むことができない。
3、AがBに宅地の価額について、意見を述べる際に、Bからその根拠を明らかにする旨の請求がなければ、Aはその根拠を明らかにする必要はない。
4、媒介契約の締結に当たって、業務処理状況を5日に1回報告するという特約は無効である。

愛「これも簡単だぞ。即答しろ」
建太郎「おう」

“宅建士試験過去問 宅地建物取引業法 媒介契約 1-39 平成16年 / 宅建はライトノベル小説で勉強しよう” の続きを読む

宅建士試験過去問 宅地建物取引業法 媒介契約 1-38 平成13年 / 宅建はライトノベル小説で勉強しよう

宅地建物取引業者Aが、BからB所有の土地付き建物の売却の媒介を依頼され、媒介契約を締結した場合に関する次の記述のうち、宅地建物取引業法の規定によれば、誤っているものはどれか。

1、AB間で媒介契約が締結されたときは、Aは遅滞なく宅地建物取引業法第34条の2の規定に基づく、媒介契約の内容を記載した書面を作成し、記名押印して、Bに交付しなければならない。
2、AB間の媒介契約が専任媒介契約である場合、Aは、契約の相手方を探すため、当該物件につき必要な事項を媒介契約締結の日から休業日数を除き、7日以内(専属専任媒介契約の場合は、5日以内)に指定流通機構に登録しなければならない。
3、Aが、当該物件を売買すべき価額に対して、意見を述べる時は、Bに対して、その根拠を明らかにしなければならない。
4、AB間の媒介契約が専任媒介契約である場合、その有効期間の満了に際して、Bからの更新の申出がなくても、その有効期間を自動的に更新するためには、当該契約の締結時にあらかじめ、Bの承諾を得ておかなければならない。

愛「これも簡単な問題だ。即答しろ!」
建太郎「おう」

“宅建士試験過去問 宅地建物取引業法 媒介契約 1-38 平成13年 / 宅建はライトノベル小説で勉強しよう” の続きを読む

宅建士試験過去問 宅地建物取引業法 媒介契約 1-37 平成17年 / 宅建はライトノベル小説で勉強しよう

宅地建物取引業者AがB所有の宅地の売却の媒介依頼を受け、Bと媒介契約を締結した場合に関する次の記述のうち、宅地建物取引業法の規定によれば、正しいものはいくつあるか。

1、Bの申出により、契約の有効期間を6月と定めた専任媒介契約を締結した場合、その契約はすべて無効である。
2、AB間で、専属専任媒介契約を締結した場合、AはBに対し、当該契約の業務の処理の状況を2週間に1回以上報告しなければならない。
3、AB間で、専属専任媒介契約を締結した場合、BはAが探索した相手方以外の者と売買契約を締結することができない。

愛「これは、個数問題だが、内容は、クイズみたいに簡単だ。即答しろ!」
建太郎「おう」

“宅建士試験過去問 宅地建物取引業法 媒介契約 1-37 平成17年 / 宅建はライトノベル小説で勉強しよう” の続きを読む

宅建士試験過去問 宅地建物取引業法 媒介契約 1-36 平成14年 / 宅建はライトノベル小説で勉強しよう

宅地建物取引業者Aが行う宅地又は建物の売買又は交換の媒介契約に関する次の記述のうち、宅地建物取引業法の規定によれば、正しいものはどれか。

1、法第34条の2に規定する依頼者とは、宅地建物取引業者ではない者をいい、同条の規定は、宅地建物取引業者相互間の媒介契約については適用されない。
2、Aが依頼者と専任媒介契約を締結した時は、Aは、法第34条の2に規定する契約内容を記載した書面を依頼者に交付しなければならないが、一般媒介契約を締結した時は、当該書面を交付しなくてもよい。
3、専任媒介契約の有効期間は、3月を超えることができず、3月より長い期間を定めた時は、その期間は3月とされるが、当該有効期間は、依頼者の申出があれば、更新の時から、3月を超えない範囲で更新してもよい。
4、Aが依頼者に対して、業務の処理状況を20日に1回以上、報告することを定めた専任媒介契約が締結された場合でも、依頼者の同意が得られているのであるから、当該特約は無効とならない。

愛「今回は媒介契約に関する問題だ。いずれも基本だぞ」
建太郎「えっ……」

“宅建士試験過去問 宅地建物取引業法 媒介契約 1-36 平成14年 / 宅建はライトノベル小説で勉強しよう” の続きを読む

宅建士試験過去問 宅地建物取引業法 広告その他業務上の規制 1-35 平成10年 / 宅建はライトノベル小説で勉強しよう

宅地建物取引業者Aが建物の売買に関し、広告をし、又は注文を受けた場合の取引態様の明示に関する次の記述のうち、宅地建物取引業法の規定によれば、正しいものはどれか。

1、Aは、取引態様の別を明示すべき義務に違反する広告をした場合、業務停止処分になることがあり、情状が特に重い時、免許を取り消される。
2、Aは、取引態様の別を明示した広告を見た者から建物の売買に関する注文を受けた場合、注文を受けた際に改めて、取引態様の別を明示する必要はない。
3、Aは、建物の売買に関する注文を受けた場合、注文者に対して、必ず、文書により、取引態様の別を明示しなければならない。
4、Aは、他の宅地建物取引業者から建物の売買に関する注文を受けた場合、取引態様の別を明示する必要はない。

愛「これも簡単すぎる問題だ。即答しろ」
建太郎「えっ……」

“宅建士試験過去問 宅地建物取引業法 広告その他業務上の規制 1-35 平成10年 / 宅建はライトノベル小説で勉強しよう” の続きを読む

宅建士試験過去問 宅地建物取引業法 広告その他業務上の規制 1-34 平成13年 / 宅建はライトノベル小説で勉強しよう

宅地建物取引業者が、その業務に関して行う次の広告のうち、宅地建物取引業法の規定に違反するものは、いくつあるか。

1、都市計画法による市街化調整区域内の土地について、「近々、市街化区域と市街化調整区域との区分(線引き)を定めることが都道府県の義務でなくなる」と記載し、当該土地について、すぐにでも、市街化区域に変更されるがごとく表示して広告すること。
2、定期建物賃貸借を媒介する場合に、宅地建物取引業法第35条に規定する重要事項の説明において、期間の定めがない旨の広告を行うこと。
3、建築に関する工事の完了前において、建築基準法第6条第1項の確認を受ける必要のある建物について、その確認の申請後、確認を受ける前に当該確認を受けることができるのは確実である旨表示して、当該建物の分譲の広告をすること。
4、競売開始決定がなされた自己の所有に属しない宅地について、裁判所による競売の公告が為された後、入札前に、自ら売主として、宅地建物取引業者でない者と当該宅地の売買契約を締結すること。

建太郎「これは変わった形の出題だな」
愛「個数問題だ。選択肢の一つ一つの正誤を正確に判断できなければ正解できないため、やや難しいな。もっとも、基本的な問題だから、間違えることはないだろう。即答しろ」

“宅建士試験過去問 宅地建物取引業法 広告その他業務上の規制 1-34 平成13年 / 宅建はライトノベル小説で勉強しよう” の続きを読む

宅建士試験過去問 宅地建物取引業法 広告その他業務上の規制 1-33 平成16年 / 宅建はライトノベル小説で勉強しよう

宅地建物取引業者Aが行う広告に関する次の記述のうち、宅地建物取引業法の規定によれば、誤っているものはどれか。

1、Aは、宅地の売買に係る広告において、当該宅地に関する都市計画第29条の許可を受けていれば、当該造成工事に係る検査済証の交付を受けていなくても、当該広告を行うことができる。
2、Aは、未完成の土地付き建物の販売依頼を受け、その広告を行うにあたり、当該広告印刷時には、取引態様の別が未定であるが、配布時には決定している場合、取引態様の別を明示しない広告を行うことができる。
3、Aは、土地付き建物の売買価格について、建物売買に係る消費税額(地方消費税を含む)を含む土地付き建物売買価格のみを表示し、消費税額を明示しない広告を行うことができる。
4、Aは、賃貸物件の媒介の広告を行うにあたり、実在しない低家賃の物件の広告を出した。Aは、業務停止処分を受けることがある。

愛「これも簡単だ。即答しろ」
建太郎「おう」

“宅建士試験過去問 宅地建物取引業法 広告その他業務上の規制 1-33 平成16年 / 宅建はライトノベル小説で勉強しよう” の続きを読む